HOME > 七五三 > 七五三のよくある質問

茨城県水戸市つくば市写真館七五三

七五三のよくある質問

お客様から頂いたよくある質問を集めました
この他にもご不明な点がございましたらお気軽に
お問い合わせフォーム又はお電話にてお問い合わせください
水戸店:029-305-3101
つくば店:0120-830-298
受付時間:平日 9:30〜18:30 土日祝日 9:00〜18:30
定休日: 火曜日・第3水曜日

Q. 七五三の着付やヘアメイクについて教えて下さい

  • 当館の美容スタッフは年間1000組以上のお客様のお着物やドレスのお支度を専門として手掛けております。ご希望をお伺いしながら、お子様の魅力を最大限に引き出すようなヘアメイク、お着付けをさせて頂きます。流行を取り入れた衣装や髪飾り、その他の小物まで、美容スタッフがこだわって直接買い付けに行っておりますので何でもご相談ください。

Q. 母親の着付け、ヘアメイクはしてもらえますか?

  • お母様のために訪問着をご用意しております。着付けからヘアメイクまでトータルで承っております。まずはお問い合わせください。

Q. 女の子の髪の長さがショートですが大丈夫ですか?

  • もちろん大丈夫です。ショートでもかわいいヘアピースやたくさんの髪飾りをご用意しておりますので可愛らしくアレンジできます。ですが、ショートの長さによっては和髪の結い上げは難しい場合もございます。撮影前にご相談下さい。

Q. 兄弟、姉妹の着られる衣装はありますか?

  • ございます。当館では、赤ちゃんのお衣装から10才くらいまでのお兄ちゃんお姉ちゃんが着られる衣装をご用意しています。お気軽にご相談ください。

Q. どんな衣装があるの?みることはできますか?

  • はい。試着会の時以外はご予約は必要ありませんのでご都合の良い時にお気軽にご来店下さい。気になるお衣装をご試着してお気に入りの衣装を見つけてください。

Q. 数え年と満年齢・・・どちらでお祝いしたら良いのでしょうか?

  • 現在は特にこだわらず、ご家族さまの都合やお子様の生まれ月、成長を考慮して決めるのが一般的です。

Q. スナップ写真やビデオ撮影をしてもいいでしょうか?

  • 申し訳ありませんがスタジオ内での撮影はご遠慮いただいております。お支度をされている様子やお待ち頂いている間、ロビーでの撮影はご自由にして頂けます。

Q. 自分の着物、衣装を持ち込んでも良いのですか?

  • もちろん大丈夫です。着付からヘアメイクまでさせて頂きます。流行の髪飾りや小物類も豊富に取り揃えております。持ち込み料金はかかりません。

Q. 衣装を持っていません。何を用意したらいいのでしょうか?

  • ご安心ください。ドレス・タキシードから着物まで当館で全てご用意しております。
  • SeikoMatsuda、JapanStyle、こまいこちゃんなどブランド衣装から、伝統的な老舗染物屋さんのお着物まで多数取り揃えております。撮影の時はもちろん、お参りの日にもご利用頂けます。

Q. お参りのときレンタルできますか?

  • お参りの外出レンタルも行っております。
  • 衣装によってお値段が違いますのでお問い合わせ下さい。

Q. 子供がぐずったり泣いたりしませんか?

  • 3歳・5歳のお子様は緊張と慣れない雰囲気に泣いてしまうこともありますが、そんなときは、ベテランスタッフがお子様がなるべくリラックスして撮影できるように、おもちゃや、おしゃべりで楽しい雰囲気づくりのお手伝いをしております。もし大好きなおもちゃなどございましたら撮影時にお持ちください。また撮影前に館内を1度見学に来ていただき、場に慣れていただくのもよろしいかと思います。

茨城県水戸市つくば市写真館七五三

Q. 七五三お祝いの由来ってなんですか?

  • 旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿に当たり、何事をするにも吉であるとされました。また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになりました。明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになりました。現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行うことも多くなっています。
  • 3歳は髪を伸ばす「髪直(かみなおし)・神置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解き(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残であります。また、奇数を縁起の良い数と考える中国の思想の影響もあるそうです。